赤ちゃんの鼻水・鼻詰まりの解消法を、実践した感想を交えて紹介してみます。

更新日:

鼻水・鼻詰まり

先日うちの次男(8ヶ月の赤ちゃん)が風邪をひきました。
症状としては鼻水が出ているぐらいの軽いものなんですが・・・。

たかが鼻水、されど鼻水。
赤ちゃんの鼻水・鼻づまりって結構大変なんですよね。
鼻水ぐらいで病院に行くのもなぁと躊躇したり、病院が閉まっている夜間だとわざわざ夜間診療に行くのも気が引けます。

そこでネットで検索してみると、解消法を紹介したページがたくさん出てきます。 便利な時代ですね!
今日はいろんな鼻水・鼻詰まりの解消方法について、私自身が調べたりお医者さんに聞いたりして実践してみた感想を述べつつ、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

今回の子どもの鼻水の症状:透明で止まらない⇒黄色く粘っこい

ふとみると透明な鼻水がだらーっと両方の鼻から出ているといった状態。
のちに念のため病院に行くと、風邪とのこと。

赤ちゃんなので、もちろん自分では鼻をかむことができません。
一度お昼寝しても、鼻が苦しいようですぐに泣いて起きてしまいます
鼻孔が狭いのですぐ詰まるし、このぐらいの赤ちゃんはまだ鼻呼吸が主なのでとても苦しいんですよね。
眠たいのに眠れなくて大泣きしてぐずる次男の姿が不憫でなりません。

2日後には粘度の高いネバネバした鼻水になり、余計詰まりやすくなりました。

自宅でのケアで鼻水・鼻づまりの解消法を試みる

その日はもう夜で病院が閉まっていたため、ケアしつつ様子見します。
以下、自宅でできる解消法です。

鼻吸い器、「ママ鼻水トッテ」で吸引

自宅にある新生児からでも使える鼻吸い器、「ママ鼻水トッテ」で吸引します。

ママ鼻水トッテの使い方

耳鼻科の先生が考案したという有名な鼻吸い器ですが、一応ご説明を。

ストローみたいな筒を赤ちゃんの鼻に入れ、もう一本の筒をママがくわえて鼻水を吸い取るという仕組みになっています。
小さな容器に吸い取った鼻水が溜まるようになっています。
もちろん、ママの口には鼻水が入らないようにできています。

使用後はホースの先端から水を勢いよく流せばすっきりきれいになります。
汚れが落ちない場合は、ストロー用のブラシで洗えば大丈夫です。
価格は800円くらいなので、一家に一個、あると便利です。

力加減は様子を見ながら、角度を変えて

最初は強く吸っちゃって大丈夫かとびくびくですが、多少強く吸わないと吸い切れません。
でも、急激な力で無理に強く吸引すると粘膜が傷ついて鼻血がでる恐れがあると、説明書きにあるので注意が必要です。
様子を見ながら徐々に力を加減して行いましょう。

少しずつ角度を変えて吸引してみると、ずるずるっとたくさん吸える角度にヒットしたりします。
何だかあまり出てこないな、という時は試してみてください。

吸引して縦て抱っこで入眠

うちは長男も次男も鼻を吸われると泣いて嫌がるのですが、声をかけながらなかば強引に吸引します。
暴れるのでしっかりと吸いきれませんが、これをやってから縦て抱っこしてユラユラすると、鼻の通りがよくなるのか眠りに落ちます
なんだかんだ、この方法が一番効果的です。

ただ、鼻づまりがひどい時は、あんまり吸引できなくてお手上げになることもあります。
せめてじっとしていてくれればいいのですが・・・。
自分でかめる大人でも、鼻が詰まっているときは鼻水を出し切るのが難しいですもんね。

蒸しタオルを鼻のあたりにあてがい、鼻水を緩めるという方法も試しましたが、やりかたが悪いのか、そんなに効果がありませんでした。
後から出てきますが、お風呂の蒸気でゆるめるほうが効果があると感じます。

電動の吸引器はよく吸えるらしい

電動の鼻吸い器もあるんですよね。
ちょっとお値段がかわいくなくて購入してませんが、吸引圧を適切に設定できるので、赤ちゃんの鼻の粘膜を傷つける心配がありません。
レビューを見るとスッキリ吸えるみたいで、すごく試してみたくなります。

過去に私が一度副鼻腔炎になったことがあり、ひどい頭痛・顔面痛と止まらない鼻水に数日苦しんだことがあるのですが、これを子どもが経験することになったら地獄だなぁ…と思った記憶があります。

中耳炎や副鼻腔炎へと進行する前に、鼻水・鼻づまりを解消してあげたい。
であれば、電動の鼻吸い器は是非とも欲しいところ。

鼻風邪をひくたびに買おうかどうしようかと悩むのですが、治ってくるとまぁいいかとなってしまうのが常です。

値段がネックだなぁと思っていたら、メルシーポットよりお手頃な「ベビースマイル」というのがあるんですね。シンプルな作りで、バッグに入れて持ち運びもできそうです。

実家に帰省するときや、上の子の用事で止むを得ず外出しなければならないときに持ち歩けるので便利ですね。

下の子も自分でかめるようになるまで先は長いから買ってみようかな…。購入したらレビューしてみようと思います。

部屋の加湿と、お水や授乳で水分補給

お医者さんに聞くと、鼻水・鼻づまりの解消法としてまず言われるのが水分補給と部屋の加湿

濡れタオルや洗濯物の部屋干しで湿度を上げる

乾燥していると鼻水も粘っこくなって詰まりがちになるし、部屋の湿度が低いとウイルスも繁殖しやすくなります。
喉や鼻が乾燥すると風邪も治りにくいし・・・。

以前、我が家では部屋に濡らしたタオルや洗濯物を干して加湿していました。
湿度計で測ってみたところ、本人の側に干しておけば湿度も理想と言われている60%前後になります。
すぐ近くに落ちないように干すことができれば、この方法もいいですね。

ただ、我が家で計測した限りでは、少し離れると湿度も落ちます
一緒に寝ている家族全員が適した湿度で睡眠するためには、部屋中に洗濯物を干さなければならず、かなり邪魔で落ち着きません。
干す場所も無いし・・・。
乾いた洗濯物もゴワゴワ、バリバリになってしまいます。

加湿器で部屋全体を適度な湿度に

今年に入ってから耐えかねて加湿器を購入しました。
結果、「なんでもっと早く買わなかったんだ!」と思うほど、部屋中快適な湿度を保ってくれています。
表示されている湿度を見ると70%くらいになっています。
以前、安くて見た目がかわいい加湿器を購入したのですが、加湿し過ぎて布団が湿ったりと調節が難しいんですよね。

空気清浄機能付きなので、なんとなく空気もきれいになっている気がします。。。
ハウスダストも吸着してくれるので呼吸器に負担がかからなくていいですね。

ちなみにシャープのプラズマクラスター付きの機種にしました。
キャスター付きなので、リビングへ、寝室へと簡単に持ち運ぶことができます。

水分補給はおっぱいやミルクでOK

赤ちゃんなら特にイオン飲料など特別な水分を与える必要はなく、母乳やミルクをこまめに飲んでいれば大丈夫だそうです。
母乳やミルクだと喉越しがよくなさそうで、かえって喉が乾かないかなと思うのですが、問題ないとのことです。

母乳の場合、頻繁に飲ませていると出が悪くなっていないか心配になることもあります。
そんな時はスプーンで湯冷ましを飲ませることもあります。

鼻が詰まっていると哺乳しながら呼吸するのが難しいようで、飲みたいのに飲めなくて大泣きしちゃうこともしばしば。
本当にかわいそうになってしまいますよね・・・。
そしてそれに一日中付き添う親もなかなかしんどいですね・・・。

お風呂の湯気で喉や鼻をうるおす

症状が軽く、お医者さんにお風呂に入れてもよいと言われていれば、さっと入浴させるのも効果的だそうです。
浴室の湿度が高く、湯気で鼻や喉が潤されるので、鼻水がやわらかく取れやすくなるとのこと。

風呂上がりの体温が下がっていくタイミングに眠気が起きやすいとも言われていますので、子どもの負担にならない程度の入浴は安眠にもつながりますね。

ちなみに、「風邪をひいているからささっとシャワーで済ます」ぐらいならきちんと湯船に入れて温めてやった方がいいそうです。
(あくまで今回のような軽い風邪の場合は、です。)

部屋にお水を入れた洗面器を置くという方法も

加湿するために、洗面器やバケツなどの容器にお水(お湯)をためて側に置いておくという方法もあるようです。
でもこれはいたずら盛りな暴れん坊(長男)がいるので、我が家では採用を見送られています。
赤ちゃんだけで、安全な置き場所があれば手軽でいいですね。

頭を高くして寝る、縦て抱っこをする

鼻の通りをよくするために、頭側を高くして寝かせるといいそうです。
枕をしたり、布団にタオルを挟んだり置いたりして傾斜をつけるという方法ですね。

ただ、うちの子どもたちは寝ながらあちこち転がるので、枕はどっかにいってしまうし、傾斜の下のほうに溜まって寝ていたりしてうまくいきません。
寝相の良い子、またはまだ自力であまり動けない低月齢の赤ちゃんならよさそうですね。

番外編?民間療法「長ネギを鼻に貼る」

これは・・・私が小さい頃によくやっていた鼻づまり解消法なんですが、長ネギの青い部分を鼻の幅に合わせて切り、それを鼻に乗せてばんそうこうで固定するという方法です。
ネギの裏がぬるぬるしているほうが効果的っだった記憶があります。

すごくネギくさいし気になるのですが、不思議と鼻がスーッとしてきます。
人に話したり、実践している姿を見られると笑われちゃうのですが、効果ありです。

長男に試そうとしたら即座にはがされましたが…。
夫に試したら、「あまり効かないけどな~」と言われ、以降お断りされています。
個人差があるのでしょうか。

今ググってみたら、長ねぎを切った断面を鼻に突っ込むとか、玉ねぎの匂いを嗅ぐとか、同じような方法が紹介されていました。
試してみるのもいいと思います。(赤ちゃん向けの方法ではないですね・・・)

鼻をかむ練習によさそうなモノ「はなかめるゾウ」

赤ちゃんには無理ですが、自分で鼻をかめるようになるとだいぶ楽になりますよね。

2歳くらいから、練習すればできる子も出てくるようです。

しかしうちの長男、現在4歳ですがまだ自分でかむことができません…。

「ティッシュを鼻息で揺らすゲームをするといい」とか「ろうそくの炎を揺らす練習をすればよい」(小児科でおすすめされた方法)とか言われますが、どちらも抵抗してノッてきません。めんどうくさい男なんです。

ところが、こちらを見せてみたら「やってみる!」との言葉が!

鼻から息を出せると、筒の先からゾウさんが描かれた風船が出てくるというものです。

おもちゃっぽいのがよかったのかな?今のところ練習する気満々です。

もう購入してあるので、次に風邪をひいたときに試してみたいと思います。

赤ちゃんや小さな子供の鼻水・鼻づまりの解消法のまとめ

これまで書いた感想には主観が多く含まれていますが、解消方法についてはお医者さんや本などでもお勧めされている有効な方法です。
まとめると以下になります。

  • 鼻吸い器による鼻水の吸引
  • 濡れタオルや洗濯物干し、洗面器や加湿器による部屋の加湿
  • お風呂に入れるて喉や鼻をうるおす
  • ミルクや母乳などで水分補給
  • 上体を高くして寝かせる
  • 縦抱きにする
  • 鼻に長ネギを貼る、匂いをかがせる

軽い風邪なら、「手早く入浴」⇒「水分補給」⇒「鼻水吸引」⇒「部屋の加湿」⇒「縦抱っこでトントン」or「添い乳」の手順だと、夜寝つきやすいと感じています。

ともあれ、やれるものは全部やってホームケアしていきたいですね。
他にも鼻の下に塗る薬なんかもあるようで、これからもいろんな製品が出てくるかもしれません。

私の兄弟が「うちの子、鼻詰まりに効くアロマ焚いたら通りが良くなったよ。風邪ひくたびにお世話になってるわ。」と言ってました。何のアロマオイルだったかなぁ。判明したら追記しよう。

ともあれ、注意したいのが、赤ちゃんや小さな子供は耳管が短く水平に近い形状をしており、細菌が入り込みやすく中耳炎になりやすいということです。
他の病気が隠れている可能性もありますし、たかが鼻水と思わず、一度病院で診てもらうようにしたいですね。
耳を気にするようなしぐさをしたり、一日中機嫌が悪いようなときは要注意です。

 

次回は、次男を病院に連れて行ったものの、処方された薬で一日中もうろうとしていて心配になったというお話。
赤ちゃんや子どもの鼻水・鼻づまりのお薬事情について、かかりつけ医に質問してみました。

それでは!

スポンサーリンク

-子育て
-, ,

Copyright© おでかけ準備、OK?? , 2017 All Rights Reserved.