ファンタジーキッズリゾート稲毛へ!混雑度・割引(クーポン)・広さなど、印西店と比較しながら口コミしてみます。

更新日:

ファンタジーキッズリゾート稲毛

今回のお休みは雨だったので、屋内で遊べるファンタジーキッズリゾート稲毛へ行ってみました。 過去に数回、印西の店舗に行ったことがあるのですが、稲毛店のほうが自宅から近いのに一度も行ったことがありませんでした。

今回のおでかけの目的地は、イルミネーションの点灯が始まった「東京ドイツ村」だったのですが、ついでに寄れそうだったので稲毛店に行ってみました。

稲毛と印西、「何か違いがあるのか?どちらがおすすめなのか?」と気になっていたので、その辺に着目しつつおでかけ記を書いてみます。

スポンサーリンク

ファンタジーキッズリゾート稲毛の利用方法

千葉市稲毛区の「フレスポ稲毛」というショッピングモールに入っています。「サンキ」などがあるイーストモールに入っています。駐車場無料です。

入場方法

ファンタジーキッズリゾート稲毛受付付近

初めて利用する場合はカウンターで申込書に記入し、入場ゲートに持っていきます。カードを忘れたり紛失した場合や有効期限が過ぎた場合は、直接入場ゲートで申し出ます。

稲毛以外の他店舗で作ったカードでも大丈夫です。

なお、一時退出も可能なので、外でお昼ご飯を食べて戻ってくるということもできます。託児機能は無いので、子供だけ残して退出することはできません。

右下の写真は、子どもの洋服の上に着せておくと、万が一施設の外に出てしまっても入り口のブザーが鳴って教えてくれるというものです。

料金は2時間以上遊ぶならパックがお得

年会費(更新料)

初回は1家族につき350円の年会費を支払います。カードは1家族につき1枚渡されます。

料金コースは3つ

料金コースは以下の3つから選びます。大人も子供も同一の料金で、0歳児のみ無料です。金額は1人あたりの税込価格です。

  1. ファンタジーパック:5時間遊び放題で990円。※さらに110円払うと時間無制限で遊び放題になる。
  2. トワイライトパック:夕方からの入場で閉店まで遊べて660円。※平日は15:00~18:30、土日祝と春・夏・冬休みは16:00~20:00
  3. タイムパック:30分ごとに215円料金がかかる。※最初の1時間430円、以降30分ごとに215円。

日中に2時間以上遊ぶなら1.のファンタジーパックがお得です。以前はファンタジーパックは4時間遊び放題だったようですが、現在は5時間になっています。印西店も稲毛店も料金は同じということになります。

さらに「ファンタジーパック回数券」というのもあります。ファンタジーパックの券が10枚つづりで8,900円です。1枚ずつ買うより1回あたり100円安くなる計算ですね。

同じく「トワイライトパック回数券」というのもあり、10枚つづりで5900円です。家族の人数が多い、近くなのでよく行くという人には使いやすいですね。

クーポン・割引はスマホのアプリやチーパスなど様々

クーポンや割引制度にはいくつか種類があります。

  • 公式サイトのクーポン…回数券の500円割引券のみ。
  • お誕生月特典サービス…お誕生月のお子さんは無料。その月であれば何回でも利用できる。健康保険証や母子手帳など、誕生日を確認できる書類が必要。
  • チーパス提示合計金額から100円割引。他クーポンやキャンペーンとの併用可。平成27年4月1日より新チーパスに切り替わっています。(旧チーパスは利用できませんので要注意!)
  • 公式アプリのクーポン…アプリ内に不定期で配信されるクーポン。合計金額から100円割引というのが多い。
  • JAF優待割引1名につき100円割引。1グループまで利用可。JAF会員証を窓口で提示。
  • ジョルダンクーポン初回登録年会費の315円無料に。画面を窓口提示で利用できる。他の割引と併用可
  • HISのクーポン1名につき100円割引。1枚で1グループまで利用可。「H.I.S. クーポン DX」をダウンロードし、窓口で提示すると利用できる。

割引やクーポンについては印西とほぼ同じです。印西との違いとしては、HISのクーポンは稲毛のほうにしかありません(現時点では)。

お得に利用するなら、お誕生月のお子さんがいればお誕生月特典サービスが良いですね。

その他だと1名につき100円割引の「JAF優待割引」、「HISのクーポン」がおすすめ。「チーパス割引」も併用できます。

さらに初めて行くならジョルダンクーポンも併用すると、年会費が無料になりますね。

公式アプリは、行くたびにたまるスタンプが押せたり、イベント情報が見られたりするので、ダウンロードしておくと便利です。

※割引・クーポン情報は変更になる可能性があります。

混雑度。週末の昼過ぎ、天気は雨でしたが、並ばず受付できました

行ったのは週末で天気の悪い日でしたが、空いていました。並ばずに入店できました。

店内も人はたくさんいましたが、遊具に行列ができたりおもちゃの取り合いになることもなく、スムーズに利用できました。

施設自体が広いので収容人数も多いようです。HPにも書いてありましたが、よほどのことがない限り入場制限にはならないとのこと。

プラレールや木製レールのおもちゃコーナーは、男の子に人気で時々取り合いになったりすることもありましたが…。

稲毛店のほうが狭いけど遊具の数はさほど変わらない

施設内の遊具は種類が豊富。室内ながらも体を使った遊びもできて、外遊び大好きな長男も思い切り動き回れます。

ふわふわエリア

ファンタジーキッズリゾート稲毛ふわふわエリア

中がふわふわになっていて、ボヨンボヨンと飛び跳ねて遊んだりするものです。

キッズレーシングエリア

ファンタジーキッズリゾート稲毛キッズレーシングエリア

電動で動くレーシングカーです。安っぽさが無く、ホンモノ感があります。1回につき1人のみの走行で、1週できます。

車種によってスピードが早いもの、遅いものがあり、好きな車を選べます。遅いものであれば、乗ってみたいけどちょっと怖い…という子でも安心です。

イベントひろば

ビンゴ大会やキャラクターイベントなどが開催される広場です。1日に数回、開催されているイメージです。

行ったらまず何時にどんなイベントがあるのかチェックしておくといいですね。

抗菌砂場

ファンタジーキッズリゾート稲毛抗菌砂場

抗菌の砂場です。砂場用のおもちゃもあります。裸足で入るのですが、サラサラで気持ち良いです。

次男は砂を口に入れちゃうので遊ばせられませんでした。

サイバーホイール

ファンタジーキッズリゾート稲毛サイバーホイール

写真手前の、中に入ってゴロゴロ転がすあれです。結構人気ですよね。

奥にある大きなすべり台は、稲毛店のみにありました。たまにショッピングモールの特設会場に設置されていて一回300円くらいで滑れるのを見かけますが、ここなら無料で何回でもできます。

高さがありますが、スタッフさんが常駐していて注意事項を教えてくれたりと、管理されています。

フォトファッションスタジオ

ファンタジーキッズリゾート稲毛フォトファッションスタジオ

セットや照明がある、本格的なフォトスタジオです。衣装の数もたくさん!男の子用もあります。

印西店より衣装の数が多く、セットも立派でした。女の子だったら撮るのも楽しそうだなぁ。

トイひろば

ファンタジーキッズリゾート稲毛トイ広場

主にプラレールやBRIOなどの電車のオモチャが置かれています。

男の子に人気のエリアです。

ミルキッズひろば

ファンタジーキッズリゾート稲毛ミルキッズ広場

0歳から2歳専用のエリアです。他のエリアとはフェンスで区切られています。

広々していて、小さなオモチャから大きなオモチャまでたくさんあり、ねんねもたっちもあんよも遊べます。

お昼寝できそうなベッドやソファ、授乳室やおむつ交換コーナーも完備。

私と次男はだいたいココにいました。抱っこから降ろして遊ばせられるので助かります。

アーケードゲームエリア

ファンタジーキッズリゾート稲毛アーケードゲームエリア

コイン置き場からコインを借りてゲームができます。

一部有料のものも。

ファンファンファクトリー

クッキングや工作などのイベントが行われています。

リラクゼーションエリア

マッサージチェアがあります。ひざかけや雑誌も用意されています。

うちのパパの大好きなエリアです。

らくがきルーム

ファンタジーキッズリゾート稲毛らくがきエリア

自由に落書きできます。お隣には歯車を組み合わせたりする壁面遊具も。

ファンタジーキッズリゾート稲毛遊具

 

稲毛店のほうが狭いにも関わらず、巨大な滑り台と「らくがきルーム」は稲毛店だけにあります。他は印西と同じです。

その分、稲毛のほうが通路がやや狭く、全体的にコンパクトな作りになっています。稲毛店は一目でほぼ全体を見渡せますが、印西は中まで進んでいかないと端まで見えないといったぐあいです。

それでも子ども達が遊ぶのには十分な広さがあります。移動距離が少ない分、稲毛のほうが楽だったりします。

店内キッズレストランは営業終了。ランチするなら持ち込みか他店舗で

以前は店内にレストランがあったようですが、2014年末のリニューアルにともない、営業を終了したそうです。飲食の持ち込み禁止だったのが、現在ではOKになっています。

ピクニックエリア」で食べることができますので、お弁当や買ってきたものを持ってきてランチにする、というのもいいですね。

ファンタジーキッズリゾート稲毛ピクニックエリア

電子レンジやお水もあります。親切ですね。

ピクニックエリアにはテーブル席と座敷があります。たしか座敷だと15卓以上、テーブル席も座席数がちょっとしたファミレスくらいあったと記憶していますが、お昼時は混雑していました。

気になるウイルス対策

子どもが集まるところとなると、気になるのがウイルス対策です。ファンタジーキッズリゾートでは、年間を通してウイルス対策を実施しているそうです。

  • 超音波噴霧器
  • 館内の除菌
  • 遊具の除菌

稲毛と印西の違いまとめ

稲毛店

  • HISのクーポンがあるのは稲毛だけ。(記事作成時点)
  • 巨大なスライダー(滑り台)と落書きルームは稲毛のみ。
  • フォトスタジオの衣装点数が多く、セットも充実している。
  • 全体的にコンパクトにまとまっていて移動しやすい。

印西店

  • 面積が広く通路が広いのでゆったりしている。
  • 店外で食事をする場合、フードコートが近くにあって便利。
  • ショッピングモール「BIG HOP」内にあり、ショッピングや屋外の遊び場でも楽しめるのでレジャー感がある。

ファンタジーキッズリゾート印西店のレポはこちら

それ以外はさほど大きな違いはないので、家からの距離で選んでもいいですね。

主観の多いところもありましたが、参考になれば幸いです。それでは!

スポンサーリンク

-屋内テーマパーク
-

Copyright© おでかけ準備、OK?? , 2017 All Rights Reserved.