子連れで足柄SA(サービスエリア)のお風呂に行ってきました。赤ちゃんも入れますが、シミュレーションが必要です。

更新日:

関西に行った帰りに、高速道路の足柄SA(サービスエリア)のお風呂に寄ってきました。

レストイン時之栖(ときのすみか)の足柄金時湯という名称の銭湯です。

いつも通るたびに「ここでお風呂に入ってから帰れたら楽チンだろうな~」と気になっていました。

今回はここから先に渋滞が発生していたこと、パパの眠気がMAXだったこともあり、休憩がてら子供連れで行くことにしました。

スポンサーリンク

料金

足柄サービスエリアお風呂料金表

今回行った時点での料金表。

ピンボケで見にくいですね…。

靴をロッカーにしまい、鍵を受付に渡してお金を払います。

料金は、大人640円、子供5歳から小学生320円で、それ以下は無料です。

時間は3時間制限があり、超えると超過料金がかかります。

深夜料金もあり。

営業時間は12:00~翌10:00

詳しくはこちらの公式サイトにのってます。

レイトイン時之栖

フェイスタオルが1枚、無料レンタルでついてきます。

バスタオルを借りたい場合150円でレンタルできます。

 

 

お風呂の備品と設備

足柄サービスエリアお風呂入り口

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、クレンジング、洗顔料、綿棒、ディッシュは備え付けであります。

販売もされていますので、手ぶらで来ても大丈夫そうです。

ロッカーは20台ちょっと、ドライヤーは3つか4つあります。

広さは小ぶりな銭湯といったところ。

全体的にキレイで利用しやすいです。

サウナもあります。

シャワーは6こ

一つ一つが広めで、子どもと一緒に使っても窮屈ではありません。

子供用のイスは無かったです。

湯船は1つで、5人入ったらいっぱいかなーというぐらいの大きさ。

湯は、高濃度炭酸泉です。

シュワシュワじわじわと温まります。

湯温は表示がありませんでしたが、推定41℃くらい

熱いのが苦手な4歳の幼児長男もちゃんと浸かれました。

スポンサーリンク

赤ちゃんは入れるのか

赤ちゃんも連れてきて大丈夫です。

子連れも半数くらいいました。

脱衣所に大きめのベビーベッドが置いてあります。

お店の注意書に、「赤ちゃんは湯船には入れず、ベビーバスに入れてください。」といったことが書かれていました。

ただ、脱衣所とお風呂を見回してみましたが、ベビーバスは見当たりませんでした

フロントに言えば貸してもらえるのかな

確認するの忘れちゃいました。

今回8ヶ月の赤ちゃん次男は、車内でスヤスヤ寝ていたのでお風呂には入れませんでした。

最初にパパと長男がお風呂に行き私は車内で待機、次に交代で私がお風呂へ行きその間パパは車内で仮眠をとるという段取りにしました。

ベビーバスがあるとはいえ、親が体を洗っている間、赤ちゃんを待たせておくのは月齢によっては大変そうです。

たっちができる赤ちゃんだと、ベビーバスから出ていこうとしちゃって危ないかなと。

まだハイハイぐらいでおとなしめな赤ちゃんなら大丈夫そうですけどね。

なにか工夫が必要そうです。

休憩スペースも充実!

館内は小さいながらも休憩スペースがいろいろあります。

女性専用の仮眠室、共用のマッサージ椅子があるエリア、雑誌やコミックと大きなビーズクッションがあるエリアなど。

宿泊施設もあるんですよね。

時間があればゆっくりしたかったなーと、後ろ髪引かれつつお風呂をあとにしました。

まとめ:とってもいいです!

小さくまとまっていて、キレイで利用しやすい施設だと思います。

もっと早くに利用してもよかったな~と思いました。

ただ、今回は混んでませんでしたが、混雑時はちょっと大変そうです。

入場制限とかあるのかな。

赤ちゃんを入れる時は家族で協力して交代で入れるかベビーバスを使用すればなんとかなりそうです。(実際にベビーバスがあるのかどうかは確認できませんでしたので、事前にお店に聞いてみたほうがよいでしょう。)

一日たっぷり遊んで汗とホコリで汚れた体をきれいにして、

長時間ドライブで縮こまった手足をぐぐーっと伸ばしてリラックス。

すっごくさっぱりした状態で再出発できます!

残りの道のりも頑張れます!(運転するのは夫だけど)

家に帰る前にお風呂を済ましておけると、帰ってすぐ寝られるのが楽チンです。

一度車内で寝た子供を起こすのって面倒だし…。

子連れの人にもおすすめできるお風呂でした。

スポンサーリンク

-銭湯
-, ,

Copyright© おでかけ準備、OK?? , 2017 All Rights Reserved.