美浜アメリカンビレッジでベビーグッズや子どもの服を、夕食はリンケンズキッチンで。|子連れ沖縄旅行記2日目

更新日:

アメリカンビレッジの観覧車

外人住宅を出て、途中息子にご飯を食べさせつつ美浜アメリカンビレッジへ向かいます。

沖縄中部の北谷町にあり、バンボルーガから車で30分ほどの距離にあります。でっかい観覧車が目印です。

アメリカンビレッジの中でも、中心となる商業施設が集合している部分が「デポアイランド」というようです。「○○デポ」みたない名称のエリアが複数あって混乱します。エリアマップを入手してよく見ておきたいところ。

アメリカンビレッジの駐車場は広いけど、場所によっては大混雑でした

駐車場が結構混んでいて、日にもよると思いますが、エリアに入ってすぐの北谷町営駐車場にはなかなか停められません。

ハイシーズンに行った場合は、海寄りのエリアの駐車場までいったほうが無難だと思います。

駐車場自体はとても広いので、どこかしらには停められるはずです。

このアメリカンビレッジ、商業施設がどんどん増えていってるみたいで、数年前にきたときの倍ぐらいエリアが拡大していてびっくりしました。

もはやマップを見てもどこが何だかわからないぐらいで、マップを見ながら歩いても目的のお店にたどり着くのに時間がかかったりしました。

事前に行きたいお店をチェックしておいて、巡るルートを決めておくとスムーズだったかなと思いました。

子どもの服やベビーグッズが置いてあるお店中心にめぐる

親子おそろいで着られるTシャツや、長男と産まれてくる赤ちゃんの服やグッズが見たいな~と思いながら、以下のお店をまわってきました。

大人のものも子どものものも扱っているので、家族連れにはおすすめです。

RANCH ランチ(デポB館1階)

沖縄にちなんだパロディTシャツや、オリジナルキャラクター?のゆるかわいいワンちゃん「LOLO」がプリントされた服や小物などがあります。

いかにも「観光地のお土産屋さん」といったものではなく、おしゃれでかわいくかっこいい、長く着られそうなものばかりです。

ベビーやキッズの服や帽子、スタイ、靴下などもあります。

ここでしか買えない(通販では買えますが)、他の人とかぶりにくいアイテムが手に入れられます。

RANCH 詳細ページへ

AMERICAN DEPOT アメリカンデポ(デポA館1階)

アメリカンビレッジに行ったらとりあえずのぞいておきたいアメリカンデポ。

アメリカ直輸入の洋服や小物、雑貨がわんさかとおいてあります。2Fの古着コーナーの量の多さに圧倒されます。

メンズものも多いので、夫も外のベンチで待つことなく見て楽しんでいました。

おもちゃもあります。長男がブリキのクラシックなタクシーのおもちゃを気に入り、購入しました。

店頭には大きなタルにワッペンがたっぷり入っていて、1枚100円で売られています。子どもの服作りに使おうと何枚か買いましたが、ワイルドすぎて幼児には使いどころが難しかったりします。

親切だなと思ったのが傘を貸し出していたこと。滞在中に雨が降ってきてしまったのですが、レジ前に貸し出しの傘が置いてあったのでお借りしました。

AMERICAN DEPOT 詳細ページへ

SKIP スキップ(デポB館1階)

グラグラ(Grand Ground)やムチャチャ(muchacha)などのポップなアメカジ系の子供服を扱っているセレクトショップです。

ベビーからキッズサイズまであり、大人服も少し置いてあります。ベビーカーのシートカバーやバッグなども可愛らしいのがありました。

店内にちょっとしたキッズスペースがあり、子どもを遊ばせながら店内を見ることができます。狭いのでベビーカーは外に置いておいたほうがいいと思います。

SKIP 詳細ページへ

Habu Box AKARA店 (ハブボックス アカラ店)

オリジナルデザインのTシャツやボトムスなどを扱う洋服屋さん。那覇の国際通りにも店舗がありますね。

沖縄テイストが盛り込まれており、普段でも着られる感じの「かりゆし」風のシャツや、クスッと微笑ましくなるほんのりパロディなTシャツとかが豊富です。

サイズもベビー、キッズ、メンズ、レディースと幅広く、家族でお揃い風に揃えられたりするので、滞在中に着たりしてもいい思い出になりそうです。我が家もパパと息子のお揃いTシャツを買いました。

Habu Box AKARA店 詳細ページへ

イオン北谷店

ここまできてイオン…?という感じですが、オムツ交換や授乳をするならイオンが利用しやすいです。

「子どもの下着が汚れたけど替えが無い」「日焼け止めが無くなった」「離乳食を補充したい」など、滞在中の不足物を調達するのに便利です。

ちょっとした遊び場があったので、買い物中パパに子どもを見ててもらって、パパッと用事を済ませられました。

イオン北谷店 詳細ページへ

スポンサーリンク

食事はカラハーイ隣接「リンケンズキッチン(RINKEN’S KITCHEN)」へ

晩ごはんは「オキナワンミュージュック カラハーイ」に隣接する「リンケンズキッチン」で食べました。沖縄料理や創作料理中心の居酒屋です。

最初、この二つは隣接しているので全部「カラハーイ」だと思ってましたが、別物だったようです。

カラハーイは飲食できるライブハウスで、リンケンズキッチンはゆっくり食事を楽しむレストランといった感じです。

リンケンズキッチンは沖縄料理が中心です。子供向けのメニューがあまりなくて、好き嫌いの多い息子が食べられるものが少なかったです。

キッズチェアは用意してくれました。ベビーカーは入り口で預かってもらえます。

カラハーイのライブについて

カラハーイでは沖縄音楽のショーを見ながら食事をとることができます。要予約となっています。

我が家は普通の居酒屋感覚で予約せずに訪問してしまい、入店できなかった思い出があります。メインは食事では無くショーなんですね。

事前に詳細を確認しておいたほうが良いです。

  りんけんバンドショウ 通常ライブ
内容 沖縄を代表するアーティスト、りんけんバンドによるエイサーや沖縄ポップなどのショー。 ティンクティンク他による、沖縄の伝統楽器や琉球舞踊にポップな感覚を取り入れた華やかなショー。
開催日 毎週土曜(例外あり) 日曜~金曜
時間  19:00〜20:30

第一部19:00~19:45
第二部20:15〜21:00

料金

3歳未満 無料
4〜12歳 1200円(1ドリンク付)
大人 3780円(1ドリンク付)

 〜12歳 無料
大人 1620円

  • ライブ開始は19:00からだけど、よい席を確保するなら早めに入店したほうがよい。
    (開場は土曜は17:30、平日・日曜は18:00)。最新情報はHPで要確認。
  • 前日までならインターネットのフォームから予約できる。当日は電話(098-982-7077)で問い合わせ。
  • 小さな子供連れOK。キッズチェアやおむつ交換シート有り。ベビーカーは入り口で預かり。

リンケンバンドショウは19:00から20:30なので、赤ちゃんや幼児は眠くなる頃かもしれません。通常ライブの第一ステージだと8時前に終わるので、なかでは一番早いですね。

日時や詳細の確認、予約などは公式サイトからできます⇒カラハーイ公式サイト

うちの息子は大きな音を怖がり、ホテルのショーでも機嫌が悪かったので、行けなくてよかったのかも。誰も楽しめないのに料金が無駄になるのは悲しいですからね…。

食後のスイーツは「パーティーランド」のフローズンヨーグルトを

沖縄に来たら必ず食べている、パーティーランドのフローズンヨーグルト。

無脂肪のフローズンヨーグルトは16種類ものフレーバーがあり、そこにフルーツやお菓子など30種類以上のトッピングから選んで乗せられます。

料金は量り売り制になっています。ドリンクも数種類あり、店内で食べていけるテーブル席もあります。

組み合わせを考えるのも楽しく、さっぱりしているので暑いときに食べるデザートにはぴったりです。

小さな子でも食べやすいし面白くて喜びそうだと思ったのですが、食わず嫌いな息子はトッピングのクッキーだけ食べてました。。

場所は観覧車のある「カーニバルパーク」という建物の2Fにあります。以前は「ヨーグルトランド」という店名でしたが、名前が変わっただけで内容はあまり変わってないような。

営業時間は11:00~23:00です。

パーティーランド 詳細ページへ

2日目まとめ

万座ビーチビオスの丘外国人住宅→美浜アメリカンビレッジと、あちこち行きましたが現地であまり動いてないので、子連れの妊婦でもそれほど大変ではなかったです。

それぞれの観光地で、見たい場所やモノを決め打ちして行くと、時間的にも体力的にも無理がなくていいかなと思いました。

 

3日目は本部でのランチにcafe CAHAYA BULAN(カフェ チャハヤブラン)、そして美ら海水族館に行ったお話になります。

よければこちらの関連記事もご覧ください。

子連れ沖縄旅行での持ち物や準備についての記事はコチラ

宿泊先ホテル「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」のレビューはコチラ

沖縄旅行記1日目の那覇周辺散策の記事はコチラ

それでは。

スポンサーリンク

-沖縄旅行

Copyright© おでかけ準備、OK?? , 2017 All Rights Reserved.